MENU

債務整理と任意整理って何が違うの?

債務整理と任意整理って何が違うの?と思っていたりしません?

 

債務整理したって言ってた友達が、”あれ任意整理だったんだよ。”って言ってたけど別のことだったんかな?

 

まあ、間違いではないわよ。任意整理は債務整理のひとつだからね。債務整理したーって言う人もいるのよ。

 

債務整理には、4通りの方法があって、任意整理はそのうちのひとつなんです。

 

弁護士さんに相談すると、まず、任意整理できないかどうかを検討します。

 

なぜかというと、任意整理が一番リスクが少なく、借金問題を解決できる方法だからなんです。その理由を詳しく説明していきますね。

 

 

債務整理の中で任意整理が一番リスクが少ない?

 

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4つの方法があります。

 

任意整理は、4つの方法の中で唯一、裁判所を通さず、債権者(貸主)と直接交渉する方法なので、手続きが一番簡易な方法なんです。

 

自己破産はよく耳にしますよね。なんとなく、最悪の状態ってイメージ持ってません?

 

確かに、自己破産はリスクが大きいですからね。

 

借金がどう頑張っても支払いできなくなるまでになると、自己破産しか選択できなくなるのだけど、そうなる前に任意整理するとリスクが少ないんです。

 

頑張って返済しない方がいいってことなのか?

 

いや、そういうわけじゃないよ。
返せるなら、約束どおり返した方がリスクがないよ。

 

債務整理をすると、どの方法でやってもリスクはあります。でも、どうしても返済が困難になってしまうことはあるものです。

 

給料が減ったり、失業したり、病気になったり、払えるはずだった借金が払えないほど収入が減ることってありますよね。

 

そんなとき、借金を返すために借金して返済に充てるなどしていたら、借金は減るどころか増えてしまいます。

 

そんなことをしていたら、自己破産するしかなくなってしまいます。

 

でも、今の収入で支払いができる額にまで、月々の返済額を減らすことができれば、借金を増やさずに済みますよね。

 

それができる債務整理のひとつが任意整理で、リスクが一番少ないんです。

 

債務整理することで、どんなリスクがあるか比べてみると分かりやすいですよね。

 

主なリスクで比較してみますね。

 

  • 任意整理のリスク
  • ・ブラックリストになる。
    ・最低5年は新たな借金ができない。

     

  • 特定調停のリスク
  • ・ブラックリストになる。
    ・最低5年は新たな借金ができない。
    ・あまり減額してもらえない。

     

  • 個人再生のリスク
  • ・ブラックリストになる。
    ・最低5年は新たな借金ができない。
    ・保証人に迷惑がかかる。
    ・身内や会社にバレる可能性が高い。
    ・車など財産を失うこともある。
    (※家を残すことはできる)

     

  • 自己破産のリスク
  • ・ブラックリストになる。
    ・5年~10年は新たな借金ができない。
    ・保証人に迷惑がかかる。
    ・家や車などほとんどの財産を失う。
    ・現金や預金も一定額以上は没収される。
    ・身内や会社にバレる可能性が高い。
    ・就けない職業もある。

 

どの債務整理でも、信用情報機関に事故記録が5年~10年登録されるので、ブラックリストになります。

 

ブラックリストになると、新たなクレジットカードやローンが組めなくなります。

 

任意整理のリスクといえば、これくらいです。

 

自分で暴露しない限り、人に知られる可能性もほとんどありません。

 

個人再生や自己破産だと、整理する借金を選べないので、保証人に迷惑がかかったり、財産を失ったりします。

 

任意整理は、整理する借金を選べるので、保証人付きの借金やカーローンなどを外すことができるので、保証人に迷惑をかけたり、ローン支払い中の財産を残せるんです。

 

特定調停のリスクも似たようなもんだよな。
この方法でも良いんじゃないのか?

 

自分で手続きできるなら、それでもいいわよ。
ただ、あまり減額は期待できないけどね。

 

特定調停は、自分で簡易裁判所に申立てする方法なので、手続き費用が安いですが、あまり減額してもらえません。

 

自分で申立書の作成もしないといけないので、手間もかかります。

 

ただ、任意整理してもあまり減額にならないようなら、特定調停の方が良い場合もありますね。

 

任意整理は、債権者と直接交渉になるので、個人では相手にしてもらえません。なので、弁護士などに依頼することになりますから費用がかかります。

 

弁護士費用より、借金の減額が少ない場合は、やらない方が良かったってことになりますものね。

 

どれくらいの借金で任意整理する?

 

任意整理がリスクが一番少ないのは分かったけど、どのタイミングですればいいのってことになりますよね。

 

たとえば、無職になって収入がなくなったときとかなのか?

 

それはダメね。
収入がないと任意整理はできないわよ。

 

任意整理をしても借金が無くなるわけではありません。

 

支払い可能な額に減額してもらって完済しないといけないので、数年間は継続した安定収入が必要です。

 

交渉によって3年~5年の分割支払いにしてもらえますが、払えなくなると任意整理の交渉が破棄されてしまいますからね。

 

任意整理をすると、将来の利息をカットしてもらえるので、債権者は元金の回収しかできないことになります。

 

なので、5年もの交渉には応じてくれないことが多いので、基本的に3年で分割支払いすると考えた方がいいですね。

 

払うにしても5年は長いので、3年の方が良いと思います。

 

任意整理のタイミングの目安は2つあります。

 

  1. 返済可能額と借金総額
  2. 滞納しているかどうか

返済可能額と借金総額が任意整理の目安

 

手取り収入から、家賃や生活費、税金などを差し引いて、毎月支払える金額が元になります。

 

節約することはもちろんですが、不意の出費などもありますから、少し余裕を持たせて無理なく払える金額にした方が良いですね。

 

無理な金額にすると3年間も払い続けられなくなりますよ。

 

次に、借金総額がいくらあるかですね。

 

月々支払える額で3年間払ったとして、完済できる額かどうかです。

 

たとえば、毎月3万円支払えるとしましょう。

 

3万円×36回=108万円

 

月々3万円の返済なら、108万円前後の借金じゃないと完済できないですよね。

 

任意整理するタイミングは、借金総額=毎月支払える金額×36回を目安のひとつにすると良いです。

 

ちなみに、借金総額が100万円~200万円、借入先が2~3社で任意整理する方が多いそうです。

 

滞納しているかどうかが任意整理の目安

 

滞納しているかどうかも任意整理のタイミングのひとつになります。

 

不意の出費でお金が足りなくて滞納したことがあるくらいならですが、何ヶ月も滞納していて督促されているようだと、任意整理は難しいかもしれません。

 

滞納=返済可能なお金がないってことですからね。

 

実際に、ある法律事務所に取材してみましたが、任意整理をしている人の中で、滞納者は少ないとのことでした。

 

滞納していたら絶対ダメというわけではないですが、滞納が続くようになる前に任意整理に踏み切った方が良いですね。

 

任意整理したら困るクレジットカード

 

任意整理の一番のリスクであるクレジットカードについて、注意点などに触れてみたいと思います。

 

任意整理をすると信用情報機関に事故情報が記録され、5年間は消すことができません。ブラックリストと言われている状態になります。

 

金融機関は信用情報機関で調査するので、ブラックだと新たなクレジットカードが作れなくなることは承知しておきましょう。

 

任意整理しなかったカード会社の手持ちカードは使えるのか?

 

しばらくは使えると思うよ。
でも、カード更新のときに再調査するから、使えなくなるでしょうね。

 

元々持っていたクレジットカードを任意整理の対象から外した場合、カード会社にはすぐにバレないので使えます。

 

しかし、更新のときや更新時期以外にも再調査するので、事故情報が記録されていたら、カードは停止されると思っていた方が良いです。

 

任意整理後、カードを使用して遅延なく支払いをしていたら、停止されることなく使える場合もあります。カード会社にもよりますけどね。

 

社内ブラックに注意が必要

 

注意したいのはカード会社ごとの社内ブラックになるということです。

 

任意整理をしたという事故記録が、カード会社の社内ブラックとして永久に残るので、そこでは二度とクレジットカードは作れなくなるのです。

 

なので、将来的に使いたいクレジットカードがあるなら、任意整理の対象から外しておくことですね。

 

任意整理のメリット・デメリット

 

任意整理のもう少し詳しいデメリットとメリットを知っておいた方が良いかもしれません。

 

任意整理をするとデメリットは付きものですが、払えないまま放置するリスクの方が大きいのですから、デメリットを承知できればメリットは大きいです。

 

任意整理のデメリット

 

任意整理のデメリットが受け入れられるかどうかですね。

 

最低5年は新たな借金ができない。

 

ブラックリストというものは存在しないのですが、任意整理の事故情報が信用情報機関に記録されることを、ブラックリストと言っているのです。

 

一度記録されると、約5年間は消すことができないので、新たな借金はできないし、持っていたカードもいずれは使えなくなります。

 

債権者(貸主)が応じなければ成立しない。

 

任意整理は裁判所を通さない債務整理なので、強制力がありません。債権者(貸主)は、交渉を断ることができるのです。

 

また、応じてくれたとしても、資金力のない金融業者だと、減額や支払い期間に条件を付けてくる場合もあります。

 

減額するなら一括で払え!とか、1年以内に完済してくれ!とかですね。

 

全国展開している大手の消費者金融だと、資金力があるので交渉に応じてくれるんですけどね。

 

借金の返済が無くなるわけではない

 

任意整理では、将来の利息や未払い利息、遅延損害金をカットして、長期分割の交渉をしますが、元金は減らすことができません。

 

任意整理後は、完済するまで遅延なく支払わないといけないのです。

 

担保付の借金は担保権を実行される

 

担保設定がある借金を任意整理すると、担保物件は処分されます。カーローンだと車を引き上げられますよ。

 

なので、担保設定がある借金は、任意整理の交渉は難しいので外すしかありません。

 

債権者からしてみると、担保権を行使して物件を処分した方が、多く回収できますからね

 

保証人に迷惑をかけることもある

 

保証人付きの借金を任意整理すると、保証人に支払い請求がいくことがあります。

 

保証人に迷惑をかけたくなかったら、任意整理の対象から外して、他の借金だけにすることになります。

 

個人間の借金は受任を断られる

 

親戚や知人などの個人から借金している場合は、任意整理したくても弁護士に依頼を断られることが多いです。

 

人間関係が絡んでくるので、厄介ですからね。

 

任意整理のメリット

 

一般的な任意整理のメリットをあげてみますね。

 

人によってはメリットにならないこともあるので、ご自分の状況で判断してください。

 

支払をストップできる

 

任意整理を弁護士などに依頼した場合には、債権者に受任通知が送付されます。

 

債権者に受任通知が届いた時点で、借金の返済をストップすることができます。また、債権者は取り立てすることができなくなります。

 

任意整理が完了するまでに、3ヶ月~6ヶ月かかるので、その間は返済をしなくて良いのです。

 

裁判所を通さずにできる

 

任意整理は裁判所を通さないので、他の債務整理と比べると手続が簡易です。

 

任意整理する借金を選べる

 

自己破産だと全ての借金が対象になり、個人再生だと住宅ローン以外の全ての借金が対象になりますから、保証人に迷惑をかけたり、担保物件を処分されたりします。

 

その点、任意整理は対象の借金を選べるので、都合が悪い借金を対象から外せます。

 

将来の利息がカットされる

 

任意整理では、将来の利息を免除してもらえるように交渉しますから、元金の返済だけになります。

 

ただ、最近では渋る金融業者もいるとのことなので、必ずとは言い難いです。

 

未払い利息、遅延損害金がカットできることもある

 

滞納していると未払い利息や遅延損害金がありますよね。

 

相手にもよりますし、交渉次第になりますが、未払い利息や遅延損害金を免除してもらえることもあります。

 

分割支払いできる

 

任意整理後の支払いは、3年~5年までの長期分割支払いにしてもらえます。

 

特に、借入先が複数あるときは、分割回数の調整で月々の返済額を減らすことができると助かりますよね。

 

利息がかからないので、長期になればなるほど毎月の支払いが楽になります。

 

借金の原因を問われない

 

自己破産だと、借金の原因で制限があります。ギャンブルや浪費による借金は自己破産できないのです。

 

パチンコ、競売、競輪などはもちろん、FXも投資ではなくギャンブルとして扱われることもありますよ。

 

もしかすると、仮想通貨の借金も該当するかもですね。
億を稼いだなんて話を聞いて、借金して仮想通貨買っちゃダメですよ。

 

任意整理なら、そんな借金でも原因を問われないので利用できます。

 

もし、ギャンブルや浪費で借金しているなら、返済不能で自己破産になる前に任意整理した方が良いです。

 

職業制限がない

 

自己破産には一部の職業や資格に制限があり、手続き中は職に就けない場合がありますが、任意整理には職業制限はありません。

 

任意整理したからといって、それが原因で職を失うことはないです。

 

借金の元本が減ることがある

 

基本的には、任意整理をしても借金の元本が減ることはありません。

 

元本が減るとしたら、過払い金があった場合ですね。

 

TVCMとかで、払いすぎた利息で借金がチャラになるって言ってたヤツか?

 

そう、それなんだけど、過去に払いすぎた借金があったらの話よ。現実的には、該当する人がほとんどいなくなってるのよ。

 

2010年に貸金業法が改正されるまでは、利息制限法と出資法との間に、利息の制限に格差がありました。グレーゾーンと言われる、高利率の利息を取られていたんです。

 

それが、貸金業法の改正で、過去にさかのぼって利息の引き直し計算をして請求すれば、返してもらえることになったのです。

 

その返還金を元本の返済に充てることで、借金が減ることがあるのです。

 

ただし、完済から10年を過ぎると過払い金返還請求は時効になるので、法改正から年数が経った今では、該当例があまりないんです。

 

なので、あまり期待しない方が良いですね。

 

過払い金があるかどうか、無料診断してもらうと良いです。

 

俺の借金は、3年前からのだからムリか・・・。

 

過払いは絶対ないわね。
利息カットと分割支払いで、どれくらい楽になるかだね。
支払が苦しくなってるんだったら、早くしなさいよ!

 

任意整理をするとデメリットは避けられないですが、自分にとってメリットの方が大きければ、手続きすることを考えた方が良いですね。

 

返せないまま放置すると、余計に条件が悪くなります。

 

任意整理は誰に依頼すればいい?

 

任意整理は債権者との直接交渉なので、個人では応じてもらいにくいため弁護士などの専門家に依頼した方が、スムーズに事が運びます。

 

では、どちらに依頼した方が良いのでしょうってところで迷いますよね。

 

任意整理を依頼できるのは、弁護士と認定司法書士です。

 

司法書士の方が費用が安いんだよな!やっぱ安い方だろ!

 

一般的には司法書士の方が安いけど、法律事務所によっては弁護士より高いところもあるわよ。
それに、費用の安さだけで選ぶと後悔することもあるわよ。

 

では、依頼先によって困ることをあげてみますね。

 

司法書士に依頼すると困ること

 

一般の司法書士は法律相談はできないので、任意整理を依頼できるのは、講習を受けた認定司法書士だけってことを覚えておきましょう。

 

また、認定司法書士ができることには、制限があります。

 

  1. 扱えるのは140万円以下の借金だけ
  2. 簡易裁判所でしか代理人ができない

この2点がネックですねー!

 

扱えるのは140万円以下の借金だけ

 

認定司法書士が法律相談できるのは、借金の額が140万円以下の場合だけです。

 

これは、借金総額ではなくて、1社あたりの借金額です。

 

たとえば、3社で300万円の借金があった場合

 

A社:120万円
B社:80万円
C社:100万円
借金総額:300万円

 

上記のような場合は、140万円を超えるところはないので、認定司法書士に依頼できます。

 

気をつけたいのは、調査すると未払い利息や遅延損害金が出てきて、合計すると140万円を超えることがあるってことですね。

 

あまり例はないけど、過払い金があった場合も注意が必要よ。

 

利息の引き直し計算で、過払い金が140万円を超えた場合、認定司法書士は取り扱うことができません。

 

「うちではできません。」って断ってくれればマシだけど、過払い金を140万円以下の交渉にして、手続きされる場合もありますよ。

 

断られたら、弁護士に依頼し直さないといけないし、どちらにしろ損をするので、あらかじめ無料相談などで、概算しておいた方が良いですね。

 

簡易裁判所でしか代理人ができない

 

認定司法書士が代理で手続きできるのは、簡易裁判所での一定の手続きだけです。

 

任意整理は裁判所を通さないので、すんなりと交渉できれば問題ないけど、借入先に訴訟を起こされ提訴した場合、地方裁判所へ移送されることがあります。

 

そんな場合、認定司法書士は地方裁判所での手続きはできないので、弁護士に依頼し直すことになります。

 

弁護士に依頼すると困ること

 

認定司法書士には、法律相談手続に制限がありますが、弁護士には制限がないので、債務額が多くても訴訟を起こされても大丈夫です。

 

ただ、誰でもOKかというと、弁護士にも得意とする分野があるので、債務整理の実績が多く、交渉力がある先生の方が有利です。

 

特に任意整理は、金融業者との直接交渉なので、交渉力が弱い弁護士だと、金融業者に言いくるめられることもあり得ます。

 

ということで、私の個人的意見としては、債務整理に慣れた弁護士が一押しです。

 

任意整理の費用はどれくらい必要?

 

任意整理を弁護士、あるいは認定司法書士に依頼するとなると、費用が気になりますよね。

 

任意整理の費用は、弁護士だから高い、司法書士だから安いということもなく、実際には法律事務所の費用設定によります。

 

なので、ほんとに目安程度にしかならないのですが、だいたいこれくらいという金額が、1社4万円前後です。

 

任意整理する金融機関が5社あれば、20万円前後ってことになります。

 

金なくて任意整理しようってのに、そんな大金ムリムリ!

 

そりゃそうだろうねー!
でも、分割ならできない?手続をはじめたら返済がストップするから、そのお金で積み立てるって方法もあるよ。

 

任意整理の費用は、他の債務整理に比べると安いのですが、借入先が多いと数十万円になるのは痛いところです。

 

費用のために借金するなんてことは、考えないでくださいね。借りるとしたら身内くらいです。

 

できるだけ費用を抑えたいなら、料金設定で選ぶのも一つの手です。

 

任意整理の費用には、いくつかの種類があります。

 

  • 相談料
  • 依頼前の相談料金は、30分で5,000円くらいですが、最近では、相談無料の法律事務所が増えています。

     

    ※相談するなら無料の法律事務所が良い

     

  • 着手金
  • 着手金は、成功するしないに関係なく、依頼時に支払う費用です。

     

    ※無料の法律事務所もある

     

  • 報酬金
  • 任意整理に成功したときに発生する報酬です。1社あたり2~3万円が一般的です。

     

    ※着手金が無料のところは、高めの傾向がある

     

  • 減額報酬
  • 減額に成功した場合、その10%程度が減額報酬になります。

     

    ※減額報酬を取らないところも多い

     

  • 成功報酬
  • こちらは、過払い金返還請求に成功したときの報酬です。10%のところが多いです。

     

    ※成功報酬を取らないところも多い

     

  • 実費費用
  • 事務手数料などの実費費用です。

     

    依頼後、途中で解任することがあっても実費は請求されますね。

 

報酬の種類も金額も、法律事務所によって異なるので、比較しにくいですね。

 

依頼前の相談は無料でしちゃいましょう。ネットでもできますよ。

 

依頼費用でチェックするなら、着手金と減額報酬ですね。この費用が無料のところを選ぶと少しでも費用を抑えられます。

 

ただし、費用だけで選ぶならってことです。安くても任意整理に慣れていないところだと、減額が少なかったりします。

 

任意整理で自分がすることは何?

 

任意整理を弁護士に依頼して受任されると、自分がすることは殆どありません。

 

任意整理する借金情報と、月々どれくらい支払えるかを決めて弁護士に依頼します。

 

借金の明細書がないとダメだよなー!

 

あった方が良いけどね。
いつ頃、どこで、どれくらい借りているか大体分かれば、調査してもらえるから大丈夫よ。

 

借金の明細書がなくても、どこにどれくらいあるか分かっていれば、弁護士が相手先から取引履歴を取り寄せます。

 

利息の引き直し計算などをした後に、返済額を確定して弁護士が相手方と交渉します。

 

交渉が成立すれば、和解契約を結んで、返済が開始されます。

 

借入先が複数社ある場合、毎月の支払いをうっかり忘れてしまう可能性があるなら、弁護士に依頼することもできます。

 

ただし、送金手数料として1社あたり1,000円程度とられるので、5社あれば5,000円も必要になります。

 

面倒でも、自分で振込したほうが費用が半分程度で済みますよね。

 

任意整理まとめ

 

任意整理は債務整理のひとつで、月々の返済額を無理なく支払える金額に減らすことができる方法です。

 

債務整理の中で唯一、裁判所を通さずにできる方法なので手続きが比較的に簡易でリスクも少なくて済みます

 

ただし、借金が無くなるわけではないので、和解後は和解計画通りに支払って完済する必要があります。

 

ですから、3年~5年の返済期間中に安定した収入の見込みが必要です。

 

任意整理ができるうちに、債務整理をすることで、保証人に迷惑をかけず、家や車を手放すことなく、借金問題を解決できます。

 

借金の返済が苦しくなって滞納する前に、任意整理を検討してはどうでしょう。