MENU

借金にも時効がある!

借金にも時効があるなんて、まさかと思いますよね。でも、借金がッ時効で消滅することが、合法的にあるんです。

 

お金を借りて返さずに時効になるなんて、虫が良すぎやしないか?

 

ほんと、虫のいい話だけど、借金も時効で帳消しにできるのよ。でも、そんなに簡単ではないわよ。

 

貸金業者からすると、貸したお金はなんとしても回収したいですから、時効で借金をチャラにされないように手を打ってきます。

 

また、時効になるまで身を潜めて生活するリスクもあります。

 

借金を時効で消滅させるのは、かなり難しく失敗に終わる場合が多いのです。

 

そこで今回は、借金の時効について、知っておきたいことをまとめています。

 

 

何年で借金が時効で消滅するの?

 

借金を長期間、一度も返済せずにいた場合、5年または10年で時効が成立します。

 

基本的に、個人間の借金なら10年、借入先が金融機関の場合は5年です。

 

ただし、信用金庫は商法上の商人にはあたらないという判例があるため、個人が信用金庫から借りた場合は10年になります。

 

    5年で借金の時効が成立するのは?

     

  • 銀行や消費者金融など金融機関からの借金
  • 個人事業主が事業資金を信用金庫から借金
  •  

    10年で借金の時効が成立するのは?

     

  • 親戚や知人など、個人間の貸し借り
  • 個人が信用金庫から借りた場合

 

時効はいつからカウントするの?

 

借金の時効は、返済しているうちはカウントされません。長期に渡り支払っていないという事実が必要なんです。

 

何年も滞納するのだから、当然ブラックリストになっています。

 

借金に支払期日があるかどうかで、時効カウントの開始に決まりがあります。

 

    支払期日がある借金の時効カウント開始日

  • 一度も返済していない場合
  • 最初の返済期日の翌日から、時効のカウントが始まる。

     

  • 一度以上返済している場合
  • 最後に返済した次の返済期日の翌日から、時効のカウントが始まる。

     

    支払期日がない借金の時効カウント開始日

  • 一度も返済していない場合
  • 契約日の翌日から、時効のカウントが始まる。

     

  • 一度以上返済している場合
  • 最後に返済した日の翌日から、時効のカウントが始まる。

 

支払期日があるかどうかで、カウント開始日が少しズレるので、勘違いしていると、1ヶ月足りなかったなんてこともあり得ますね。

 

利息だけ支払っているときは返済してないけどどうなんだ?

 

利息を支払っているってことは、借金があることを認めていることになるよ。
元本を返済してなくても、1円でも支払ったら時効は成立しないのよ。

 

時効になったら援用手続きが必要!

 

借金の返済をしないまま、5年か10年経過すると、時効が成立します。でも、そのままだと時効が来たというだけで、借金が無くなったわけではありません。

 

時効になったので、支払いしません。と、通達することが必要なのです。これを時効の援用といいます。

 

時効の援用は、内容証明郵便を債権者に送ることでできます。

 

時効の援用は法律的な決まりはないので、時効になったので時効の援用をします。という内容を入れて作成します。

 

氏名、住所、生年月日、借入日、借入額など、自分の身元と対象の借金が正確に分かるように記載すると良いです。

 

時効の援用手続きは自分でできるのか?

 

確実に時効になっていることが確認できて、不備なく時効の援用通知が作成できるなら、自分でやっても良いわよ。

 

時効の援用は、必ず内容証明郵便で債権者に送ること。

 

内容証明郵便は文字数や行数、書き方に決まりがあるので郵便局で確かめましょう。

 

自分で確実にできる自信がないときは、弁護士や司法書士に依頼すると良いです。

 

時効の援用は失敗する確率が高い!

 

借金を返済せずに時効を待って援用手続きをすれば、借金がチャラになるなんて、好都合すぎる制度ですよね。

 

ですが、時効の援用は、簡単にできるものかというと、失敗する確率が高いってことを知っておきましょう。

 

サラ金など貸金業者は回収のプロなので、時効の援用をされないように手を打ちます。

 

実は、借金の時効は中断させることができるのです。

 

借金の時効は中断される

  • 請求
  • 債権者が、裁判所に「支払い督促の申立」をすると、時効は中断します。判決が確定すると、1日目から再カウントされ、振り出しに戻るのです。

     

    裁判所からの呼び出しに応じないと、債権者の言い分どおりに判決が確定しますし、判決が出ると時効の期間が10年に延長されます。

     

    裁判所への申立は、債務者の居所が分からなくてもできるので、知らないうちに中断されていることがあります。

     

  • 差し押さえ
  •  

    裁判所から強制執行の許可が出ると、債権者は財産や給料を差し押さえることができます。差し押さえでも時効は中断します。

     

  • 承認
  •  

    債権者からの催促に、待ってくれと返答したり、利息だけでもと支払ったりすると、借金を承認したことになり、時効が中断します。

     

    実際には時効になっていないのに時効になったと思って、援用手続きをしたことで、承認してしまうこともあります。

 

信用情報機関で情報開示すれば、時効のカウント開始日を知ることはできますが、裁判所の記録を調べるのは難解です。

 

貸金業者からの借金は、中断されていることが多く、時効が成立しているかどうか、弁護士や司法書士でも確認が難しいのが現実です。

 

そもそも、借金は約束通り返済するのが大前提ってことを認識しておくことですね。

 

時効の援用に失敗したらどうなる?

 

時効の援用は失敗する確率が高いので、失敗したらどうなるかも承知の上でやることですね。

 

時効の援用に失敗するのは、時効の中断やカウント間違いで時効期間が過ぎていなかったときです。

 

時効の援用に失敗すると悪化する

  • 時効のカウントがリセットされる
  •  

    実際には時効になっていないのに、時効の援用をしてしまうことがあります。

     

    あと少しで時効になるはずだったのに、時効の援用をしたことが債務の承認になり、カウントは1日目から再カウントすることになります。

     

    再度、時効の援用をするなら、また5年待つことになりますが、債権者も時効が成立しないように手を打つでしょう。

     

    10年ごとに裁判所に申立てされれば、永遠に時効にはならないですね。

     

  • 借金が増える
  •  

    最低でも5年間は滞納しているので、未払い利息と遅延損害金で借金が増えていますよね。

     

    時効の援用に失敗すると、元金だけでなく未払い利息や遅延損害金も合算した総額の一括返済を求められますよ。

     

  • 債権者からの取り立てが厳しくなる
  •  

    住民票を移動しないまま現住所を変えていた場合、債権者からの取り立てから逃れていることがありますよね。

     

    ですが、時効の援用をすることで現住所がバレてしまい、厳しい取り立てに悩まされることになるでしょう。

     

  • 債務整理の交渉がしにくくなる
  •  

    時効の援用に失敗して、債務の返済を求められても返済できないときは、債務整理が必要になることもあります。

     

    任意整理のように債権者との交渉で債務整理する場合、借金をチャラにしようとしたことが仇になり、交渉の条件が悪くなる可能性があります。

 

時効の援用に成功する確率はかなり低く、失敗するとリスクが大きいですね。

 

確実でない場合は、最初から債務整理した方が良くないですか?

 

時効の援用はデメリットが大きい

 

時効の援用を成功させるまでには、デメリットが大きいことも覚悟しておくことです。

 

時効の援用のデメリット

  • 取り立てに悩まされる
  •  

    現住所も職場も変えずに、借金を滞納し続けながら時効を待つ場合、債権者からの厳しい取り立てに耐えなければなりません。

     

    正規の貸金業者なら自宅や職場に押しかけてくることはないですが、電話や督促状などで連絡が入ることもあります。

     

    家族や職場の人に怪しまれながら、ひたすら無視し続けないといけなくなります。

     

  • 逃げ回らないといけない
  •  

    債権者からの取り立てから逃れるには、居所が分からないように引っ越しや転職しないといけなくなります。

     

    現住所を移動すると、そこから辿られて居所がバレることもありますよね。

     

    まともな職に就けない可能性も高いです。

     

    自分一人ならともかく、家族がいると逃げ回る生活は負担が大きいですね。

     

  • 未払い利息や遅延損害金が嵩んでくる
  •  

    長期間滞納することになるので、未払い利息や遅延損害金が嵩んで、借金総額が膨大に増えていきます。

     

    時効の援用に失敗したときには、その全額を支払い請求されます。

     

  • ブラックリストになる
  •  

    滞納すると信用情報機関に金融事故として記録されるので、ブラックリストになります。

     

    ブラックリストになると、新たな借金ができなくなりますし、手持ちのクレジットカードなども使えなくなります。

     

  • 精神的な苦痛がある
  •  

    取り立てに耐え忍ぶにしても、逃げ回るにしても精神的な苦痛は大きいですよね。

     

    信用も無くしてしまうかもしれません。将来への不安は付きまとうことでしょう。

     

    そんな精神的な苦痛に耐え忍んでも、時効の援用に成功することは、かなり難しいのが現実ということを知っておきましょう。

 

借金を時効でチャラにしようなんて、思わない方が良さそうだな!

 

そうだね~!
借りたものはちゃんと約束どおり返すのが道理だからね!

借金の時効まとめ

 

借金にも時効があります。消滅時効の期間は5年か10年です。

 

時効期間が到来しただけでは、借金はなくならないので、時効の援用手続きが必要です。

 

時効の援用手続きは、債権者に対して、時効になったので返済しませんと、内容証明郵便で通知することでできます。

 

ただし、時効は中断することができるので、知らないうちに中断され、時効が成立していないことがあります。

 

貸金業者は時効の援用をされないように、手を打っていますから、現実的には時効の援用は失敗率が高いのです。

 

時効の援用に失敗すると、未払い利息や遅延損害金で大きく膨らんだ借金の返済を求められます。

 

貸金業者の取り立ても厳しくなるでしょう。

 

時効を待つ期間の精神的な苦痛や失敗したときのリスクを考えると、借金が返済できないなら債務整理をした方が賢明ですね。

 

できれば、任意整理ができるうちに、債務整理を検討した方が良いです。

 

債務整理するなら任意整理できるうちにした方がいい?その理由は?
任意整理は債務整理のひとつで、月々の返済額を無理なく支払える金額に減らすことができる方法です。債務整理の中で唯一、裁判所を通さずにできる方法なので手続きが比較的に簡易でリスクも少なくて済みます。その理由やタイミングについて詳しくお伝えします。

 

 

関連ページ

債務整理の相談をする前に知っておくべきことは何?
債務整理は法律の知識がない一般人では判断できないため弁護士などの専門家に依頼するのが一般的です。無料相談も多くなっているので、できるだけ有効活用できるように相談する前に知っておきたいことや準備することなどについて分かりやすくお伝えします。
債務整理は弁護士に依頼する方が良いの?費用や選び方のコツは?
債務整理を弁護士に依頼するとしたら、どんな弁護士を選べば良いのか、費用はどれくらいかかるのか迷いますよね。そこで、弁護士に依頼した方が良いのかどうか、費用や選び方のポイントなどについて分かりやすくまとめています。ご参考ください。
債務整理のデメリットを最小限にするにはどうすればいい?
債務整理にはデメリットが必ずあります。貸主に損をさせるのでペナルティは避けられないです。でも、リスクは最小限にしたいところ。あなたのリスクを少なくすることで貸主の損も少なくできます。今回はそんな債務整理のデメリットについてお話しします。
債務整理によるブラックリストは何年で消える?
債務整理をするとブラックリスト扱いで借入ブラックになると聞くと、いったい何年で消えるのか気になるところ。数年で消えるものと一生消えないものがあるので、債務整理をする際に注意したいですね。そんな債務整理によるブラックリストについてまとめました。
債務整理の費用が払えない?今お金がなくても支払える方法とは!
債務整理の費用が高くて払えないと諦めている方も多いですよね。お金がないから借金の支払いができなくなっているので、費用を捻出する余裕なんかないのが当然です。でも、払える方法があります。今回は、債務整理の費用を工面する方法を明かします。
仮想通貨で借金返済なんて無謀な賭けすると債務整理も不可能に!
仮想通貨で一発逆転で借金返済しようと購入資金のために新たな借金!それって本当に大丈夫ですか?仮想通貨が大暴落して返済どころか借金が増えただけなんてことにも!取り戻そうと深みにハマると債務整理することさえできなくなります。なぜかというと・・・。
任意整理にかかる期間はどれくらい?長期化するときの理由は?
任意整理は債務整理の中では比較的に短期間でできますが、状況によっては長期間になることもあります。その間に弁護士や司法書士から何も連絡がないと不安になりますよね。そんなとき、知っておくと安心な任意整理の期間や流れを分かりやすくまとめています。
個人再生すると車は手放すことになるの?残せるのはどんなとき?
個人再生しても車を残したい人は多いですよね。仕事や生活環境によっては車がないと困る場合もあります。個人再生で車が残せるか残せないかは、どんな状況で車を所有しているかによります。今回は個人再生するときの車の扱いについて分かりやすくまとめました。
自己破産の期間はどれくらい?手続き中にやってはいけないことは?
自己破産にかかる期間は、それぞれの状況によって異なってきます。長期間かかっても免責確定すれば借金から解放されますが、待っている期間は不安になることもありますよね。そこで今回は、自己破産にかかる期間の目安や手続き期間中の注意点をまとめています。
債務整理の期間はどれくらい?長引くとデメリットがあるの?
債務整理にかかる期間は、ひとり一人の状況で違いますが、どんなに早くても3ヶ月はかかるのが一般的で、場合によっては1年以上かかることもあります。もし、手続き終了までの期間が長引いた場合にデメリットになることがあるのか取り上げてまとめました。
債務整理をするとクレジット カードが使えないわけじゃない!?
債務整理をするとクレジットカードは使えなくなるというのが一般的です。ですが、必ずというわけでもなく、稀に使えることもあります。今回は、そんな債務整理とクレジットカードの関係についてお伝えします。
クレジットカードの家族カードは債務整理しても使える?利用時の注意点は?
債務整理をすると一定期間はクレジットカードが使えなくなりますが、そんな場合に家族カードを使うという手もあります。しかし、利用には注意も必要!今回は債務整理するとクレジットカードの家族カードはどうなるのか、注意点も含めてまとめています。
債務整理しても住宅ローンを払い続けて家を守るタイミングは?
債務整理をすると家を失うことになるのでは?という心配がありますよね。手段によっては家を手放すことになりますが、住宅ローンを払い続けて家を守れる方法もあります。そんな債務整理と住宅ローンの関係やタイミングについて分かりやすくまとめています。
債務整理2回目の難易度と何度もしないための注意点!
債務整理は2回目以降も何度でもできるけれど、回数が多くなるほど難易度が高くなります。また、過去にどの方法で債務整理したかでも違ってきます。2回目の債務整理の状況や何度も借金整理をしないための注意点について手段別に分かりやすくまとめました。
債務整理しても借入できる?可能な場合に注意することは何?
債務整理をすると借入ができなくなるのが普通です。ですが、債務整理中や債務整理後に借金が必要になることもありますよね。しかし、安易に借金してしまうのは危険な場合もあるので注意が必要!今回は債務整理中や債務整理後の借入での注意点をまとめています。
借金で離婚するときは負債を被るリスクに注意が必要!
旦那か妻のどちらかに借金があり、それが原因で離婚するときは借金はどうなるのか、そもそも借金を理由に離婚できるのか、どうしても被ってしまう負債はどんなものなのか、子供がいる場合に注意すべきことは何なのかなど、借金と離婚についてまとめています。
会社の破産を決断するタイミングと代表者がやるべきこと!
会社が経営難になると破産の決断も必要になってきます。会社を破産させると多くの人に迷惑をかけてしまいますし、その後の生活不安もあります。そこで、今回は会社の破産するかどうかの見切りどきや、代表者がやるべきことを体験を基にまとめています。
借金の裁判で届くのは特別送達郵便!その見分け方と対処法は?
借金が返済できず滞納していると裁判を起こされることがあり、裁判所から特別送達郵便が届きます。詐欺かもと無視すると一括返済請求が確定するので注意が必要です。借金の裁判で届く郵便物や裁判を起こされたときの対処法などについてまとめています。
借金返済の相談はいつ誰にすればいい?無料相談でも解決できる?
借金が返済できなくなったなんて誰かれなく相談できるものではないですよね。最近では弁護士なども無料相談を実施するようになっていますし、もっと身近な所でも相談できます。今回は借金返済を相談するタイミングやどんなことが解決できるかまとめています。
信用情報の回復を遅らせないために債務整理するときの注意点は?
債務整理でキズがついた信用情報の回復には一定期間かかりますが、対応しだいで予定より遅らせてしまうこともあります。将来的に住宅ローンなどの予定があると、できるだけ早く取り戻したいですよね。そんな信用情報の回復について注意点などをまとめています。
連帯保証人と保証人の違い!債務整理するとどんな影響がある?
保証人には、連帯保証人と普通の保証人があり責任の重さに違いがあります。保証人がついている借金を債務整理するとどんな影響があるのか知って事前に対応しておくことも大事です。そこで今回は、借金の連帯保証人と保証人の違いについてまとめています。
旦那が借金を隠してたことが発覚したとき妻が冷静にやるべきこと!
旦那が借金を隠してたことが発覚したら、金銭的に苦労することもだけど、なにより旦那の嘘が許せないし信用できない!もう離婚しかないと怒りに任せて結論をだすと後悔することになるかも。今回は、旦那の借金が発覚したとき冷静にやるべきことをお伝えします。
彼氏に借金があっても結婚して幸せになれる?別れる方がいい?
彼氏に借金があることが分かったら、幸せな結婚生活がおくれるのか心配になりますよね。彼氏の借金理由によっては別れる方が良い場合も!また、絶対やってはいけないこともありますよ。今回は、彼氏の借金が発覚したとき、冷静に考えることなどお伝えします。
親の借金は子供が相続する!親の離婚で絶縁しているときは注意が必要!
親が借金を残して死亡すると子供が相続します。親に借金があることを知っていれば対処方法がありますが、親の離婚などで絶縁しているときは、手遅れになることもあるのです。そこで、親に借金癖があるとき、子供の将来のためにしておくべきことをお伝えします。
fxで失敗すると借金してしまうのはなぜ?返せなくなったらどうする?
fxは借金してまでするものではないと分かって始めたはずなのに、返せないほどの借金をしてしまう人もいるのが現実。なぜfxで借金してしまうのか、返せなくなってしまったときにはどうすれば良いのかなどについて、まとめています。
ギャンブルが原因の借金は返済できなくなっても自己破産できない?
ギャンブルにのめり込み、多額の借金が返済できなくなると、自己破産しか方法がなくなります。しかし、ギャンブル原因の借金は自己破産できないと言われています。今回は、そんなギャンブルによる借金問題と自己破産の関係について取り上げてまとめています。
借金の取り立てを無視するとどうなる?最悪の事態を避けるには!
借金の取り立てを無視し続けると、給料や財産を差し押さえられることもあります。そんな最悪の事態にならないために対処できれば良いですが、払えないからと放置して取り立てが厳しくなってしまった場合の対処方法などを取り上げてまとめています。
夜逃げ後の生活は悲惨!逃げ回る生活より自己破産の方が断然イイ!
借金の返済に行き詰り、思い詰めてしまうと夜逃げした方が楽になれるんじゃないかと魔が差すことがあります。でも、夜逃げ後の生活は悲惨です。夜逃げするとどんな問題が起こるのか知れば、夜逃げしたいなんて思わなくなります。自己破産の方がマシですよ。