MENU

債務整理をするとブラックリストは避けられない!

債務整理をするとブラックリストに載ることは避けられませんが、ブラックリストってどこにあるのでしょう。

 

こいつに貸しちゃダメってリストがあるのか?

 

ブラックリストというものは存在しないわ。貸しちゃダメって判断できる事故記録を保存する機関があるの。
その事故記録がブラックリストって言われるものなのよ。

 

金融機関が加盟する信用情報機関というのがあって、そこに借入や支払い状況がデータとして記録されています。

 

債務整理や遅延、滞納、代位弁済などが金融事故として記録されるので、ブラックリストに載ったと言われています。

 

債務整理は事故として重大だよな!

 

債務整理した人はお金を返せない可能性が高いからね。回収できる見込みがない人には貸さないわね。

 

また、信用情報機関以外にもブラックリストがあり、リストから消える期間や扱いについて違いがあります。

 

今回は、債務整理をする際に知っておきたいブラックリストの情報をまとめました。

 

 

信用情報機関は3つある

 

金融業者が加盟している信用情報機関は3つあります。金融業者の系列によって加盟する機関が異なりますが、重複加盟している場合も多いです。

 

  • 【JICC】株式会社日本信用情報機構
  • JICCは消費者金融系の貸金業者が加盟している信用情報機関です。

     

  • 【CIC】株式会社シー・アイ・シー
  • CICは信販系やクレジットカード会社が加盟している信用情報機関です。

     

  • 【KSC】全国銀行個人信用情報センター
  • KSCは銀行系の金融機関が加盟している信用情報機関です。

 

各信用情報機関は、CRINというネットワークシステムで延滞情報を共有しているので、基本的に債務整理をすると、事故情報が知れていると思っていた方がよいですね。

 

債務整理の事故記録の保存期間は?

 

債務整理の事故記録は、信用情報機関によって記録の仕方や保存期間が違っています。

 

信用情報機関ごとの債務整理の記録と保存期間は以下のようになっています。

 

金融事故 JICC CIC KSC
延滞 1年 5年 5年
任意整理 和解後5年 記載なし 記載なし
個人再生 認可後5年 記載なし 認可後10年
自己破産 免責後5年 免責後5年 免責後10年

 

自己破産は、全ての信用情報機関に記録されますが、任意整理と個人再生は記録されない機関もあります。

 

自己破産以外なら、ブラックにならないかもしれないんだな!

 

それはちょっと甘い考えだね!
延滞してたら事故として記録されるし、債務整理すると延滞することになるからね。

 

そもそも、債務整理前に延滞していたら、事故記録が保存されていてブラックになってします。

 

また、債務整理の手続きを開始すると、支払いをストップするので必然的に延滞することになります。

 

手続きに3ヶ月以上かかると事故として記録される可能性は高いですね。

 

延滞情報は、CRINというネットワークシステムで共有されているので、債務整理をすると信用情報になんらかの傷がつきますね。

 

事故情報の記録や削除をするのは、加盟している金融業者ですから、記録削除を忘れている場合もあります。

 

ブラックリストは何年で消える?

 

債務整理の事故記録は5年~10年間で消えますが、ブラックリストとしての情報が消えるとは限りません。

 

ブラックリストが何年で消えるのかは、延滞の記録が消えるかどうかによるとことがあるのです。

 

特に厳しいのが、CICの延滞情報です。CICの延滞情報は、完済後5年間保存されます。

 

債務整理前に3ヶ月以上滞納していると、任意整理や個人再生で解決後の借金を完済してから5年経たないと消えないのです。

 

例えば、任意整理後3年で完済した場合、完済してから5年になるので、8年間はブラックリストになるってことです。

 

債務整理後の返済を滞納してしまうと、さらに長引くので、無理な返済計画で債務整理するとブラックリスト期間も長くなりますよ。

 

ブラックリストから消えてないのに、クレジットカードの申込をして審査に落ち、短期間に次々と申込をすると、申込ブラックになることもあります。

 

ブラックリストでも借入の審査に通ることも!

 

金融機関は信用情報の他に、職業や収入なども総合して審査するので、ブラックリストになっていてもクレジットカードの審査に通ることもあります。

 

実は、私の場合、事故記録が消えないうちに、手持ちカードが使えたし新規も作れたんですよ。

 

なんでだ?ズルしたのか?

 

ズルなんかしてないわよ!ちゃんと正規に利用できたのよ。

 

私の場合は連帯保証人が原因の自己破産でした。

 

なので、自分のカードは遅延や滞納したことがなかったのです。

 

さらに、自己破産したときには、クレジットカードに残債務がなかったので、そのカード会社は自己破産の対象ではなかったんです。

 

破産手続中に、カードの更新案内がきたので、管財人さんにどうすれば良いか聞いてみたんです。

 

すると、稀に使えることがあるので、ちゃんと支払うなら使って良いですよってことでした。

 

強制解約されなかったのは、遅延や滞納なく支払いしていたからかもしれません。

 

運が良かっただけかもしれないですけどね。

 

よく利用する店舗でクレカ付会員カードに切り替えになったときには、新規カードが作れました。

 

信用情報機関の事故記録で、どう判断するかは金融業者次第ってことです。

 

債務整理をした後、経済生活をリセットするには、クレジットカードなんか使わない方が良いのですけどね。

 

自分がブラックかどうかを確認したいときは?

 

債務整理後に住宅ローンやカーローンを組むこともありますよね。子供の教育ローンが必要になる場合もあるでしょう。

 

自分がブラックかどうかを確認したいときは、信用情報機関に申込めば情報開示してもらえます。

 

情報開示する場合は、各機関のホームページで手続き方法を確認してくださいね。

 

JICCの情報開示の手続き方法>>

 

CICの情報開示の手続き方法>>

 

KSCの情報開示の手続き方法>>

 

情報開示した履歴も残るので、その履歴でなにか金融事故があると思われることも稀にあるので、むやみに情報開示しない方が良い場合もあります。

 

やましいことがなければ、情報開示なんてしませんからね。

 

ブラックになるなら債務整理しない方がいいの?

 

債務整理をすると、ブラックリストを避けられないのなら、やらない方が良いかもって思うかもしれないですね。

 

今どき、クレジットカードの1枚くらい持ってないと不便だもんなー!

 

確かに不便かもしれないけど、そもそも、債務整理が必要になっていたら、滞納しちゃうんじゃないの?

 

ブラックリストになりたくなかったら、遅延や滞納することなく、きちんと返済することです。

 

それが難しくなってきたら、滞納する前に債務整理に踏み切ることで、ブラック期間を最短にできます。

 

債務整理で借金問題を解決して、ブラック期間は経済生活をやり直すために、借金に頼らない生活をする期間と捉えた方が良いです。

 

半永久的に残る社内ブラック

 

信用情報機関の事故記録は、一定期間で消えるけど、債務整理した金融機関は自社でも自己記録を保存しています。

 

金融会社ごとに自社で記録した事故記録は、永久に消えることはありません。

 

社内ブラックと言われていて、債務整理をした金融機関で借金をすること一生できないのが一般的です。

 

それ困るなぁ・・・。
ずっと利用したいクレジットカードとかどうすればいいんだ?

 

今後も使いたいカード会社などは、債務整理の対象から外すことだね。
整理する借金を選べる任意整理ですればいいのよ。

 

社内ブラックになった銀行では口座も開設できないのか?

 

口座開設はできるわよ。
キャッシュカードも作れるけど、クレカ付は無理だね。

 

社内ブラックになった金融機関では借金できなくなるので、債務整理後に信用情報機関の事故記録が消えても、新規申し込みはしない方が良いです。

 

審査に落ちた記録を残すことになりますからね。

 

過払い金でもブラックリストになる?

 

過払い金返還請求は債務整理ではないので、信用情報機関に記録が残ることはないと言われています。

 

でも、それは完済後に過払い金返還請求したときだけです。

 

返済中の借金で過払い金返還請求をした場合、発生した過払い金で残債務がゼロになれば良いけど、債務が残ると債務整理することになるのです。

 

払いすぎたお金が戻ってくるかも!などとTVCMもよく見ますけど、完済していない借金で安易に過払い金請求しない方が良いです。

 

過払い金請求のデメリット詳細記事>>

 

債務整理ブラックリストまとめ

 

債務整理をすると、金融業者は加盟している信用情報機関に事故記録を保存し、一定期間削除されません。

 

信用情報機関の事故記録がブラックリストと言われるものです。

 

また、債務整理の対象になった金融機関ごとに、自社で事故記録を保存しており、社内ブラックと言われています。

 

社内ブラックは永久に保存されます。

 

債務整理をすると、確実に信用情報に傷がつくので、一定期間は借金ができなくなりますね。

 

ですが、ブラックリスト期間は、経済生活をリセットするための期間と心得て、借金問題は一刻も早く解決した方が良いです。

関連ページ

債務整理の相談をする前に知っておくべきことは何?
債務整理は法律の知識がない一般人では判断できないため弁護士などの専門家に依頼するのが一般的です。無料相談も多くなっているので、できるだけ有効活用できるように相談する前に知っておきたいことや準備することなどについて分かりやすくお伝えします。
債務整理は弁護士に依頼する方が良いの?費用や選び方のコツは?
債務整理を弁護士に依頼するとしたら、どんな弁護士を選べば良いのか、費用はどれくらいかかるのか迷いますよね。そこで、弁護士に依頼した方が良いのかどうか、費用や選び方のポイントなどについて分かりやすくまとめています。ご参考ください。
債務整理のデメリットを最小限にするにはどうすればいい?
債務整理にはデメリットが必ずあります。貸主に損をさせるのでペナルティは避けられないです。でも、リスクは最小限にしたいところ。あなたのリスクを少なくすることで貸主の損も少なくできます。今回はそんな債務整理のデメリットについてお話しします。
債務整理の費用が払えない?今お金がなくても支払える方法とは!
債務整理の費用が高くて払えないと諦めている方も多いですよね。お金がないから借金の支払いができなくなっているので、費用を捻出する余裕なんかないのが当然です。でも、払える方法があります。今回は、債務整理の費用を工面する方法を明かします。
仮想通貨で借金返済なんて無謀な賭けすると債務整理も不可能に!
仮想通貨で一発逆転で借金返済しようと購入資金のために新たな借金!それって本当に大丈夫ですか?仮想通貨が大暴落して返済どころか借金が増えただけなんてことにも!取り戻そうと深みにハマると債務整理することさえできなくなります。なぜかというと・・・。
任意整理にかかる期間はどれくらい?長期化するときの理由は?
任意整理は債務整理の中では比較的に短期間でできますが、状況によっては長期間になることもあります。その間に弁護士や司法書士から何も連絡がないと不安になりますよね。そんなとき、知っておくと安心な任意整理の期間や流れを分かりやすくまとめています。
個人再生すると車は手放すことになるの?残せるのはどんなとき?
個人再生しても車を残したい人は多いですよね。仕事や生活環境によっては車がないと困る場合もあります。個人再生で車が残せるか残せないかは、どんな状況で車を所有しているかによります。今回は個人再生するときの車の扱いについて分かりやすくまとめました。
自己破産の期間はどれくらい?手続き中にやってはいけないことは?
自己破産にかかる期間は、それぞれの状況によって異なってきます。長期間かかっても免責確定すれば借金から解放されますが、待っている期間は不安になることもありますよね。そこで今回は、自己破産にかかる期間の目安や手続き期間中の注意点をまとめています。
債務整理の期間はどれくらい?長引くとデメリットがあるの?
債務整理にかかる期間は、ひとり一人の状況で違いますが、どんなに早くても3ヶ月はかかるのが一般的で、場合によっては1年以上かかることもあります。もし、手続き終了までの期間が長引いた場合にデメリットになることがあるのか取り上げてまとめました。
債務整理をするとクレジット カードが使えないわけじゃない!?
債務整理をするとクレジットカードは使えなくなるというのが一般的です。ですが、必ずというわけでもなく、稀に使えることもあります。今回は、そんな債務整理とクレジットカードの関係についてお伝えします。
クレジットカードの家族カードは債務整理しても使える?利用時の注意点は?
債務整理をすると一定期間はクレジットカードが使えなくなりますが、そんな場合に家族カードを使うという手もあります。しかし、利用には注意も必要!今回は債務整理するとクレジットカードの家族カードはどうなるのか、注意点も含めてまとめています。
債務整理しても住宅ローンを払い続けて家を守るタイミングは?
債務整理をすると家を失うことになるのでは?という心配がありますよね。手段によっては家を手放すことになりますが、住宅ローンを払い続けて家を守れる方法もあります。そんな債務整理と住宅ローンの関係やタイミングについて分かりやすくまとめています。
債務整理2回目の難易度と何度もしないための注意点!
債務整理は2回目以降も何度でもできるけれど、回数が多くなるほど難易度が高くなります。また、過去にどの方法で債務整理したかでも違ってきます。2回目の債務整理の状況や何度も借金整理をしないための注意点について手段別に分かりやすくまとめました。
債務整理しても借入できる?可能な場合に注意することは何?
債務整理をすると借入ができなくなるのが普通です。ですが、債務整理中や債務整理後に借金が必要になることもありますよね。しかし、安易に借金してしまうのは危険な場合もあるので注意が必要!今回は債務整理中や債務整理後の借入での注意点をまとめています。
借金で離婚するときは負債を被るリスクに注意が必要!
旦那か妻のどちらかに借金があり、それが原因で離婚するときは借金はどうなるのか、そもそも借金を理由に離婚できるのか、どうしても被ってしまう負債はどんなものなのか、子供がいる場合に注意すべきことは何なのかなど、借金と離婚についてまとめています。
借金を時効で帳消しにするのは難しい!失敗すると悪化することも!
借金にも時効があり手続きをすることで借金を帳消しにできます。ですが、かなりハードルが高く難しい!さらに失敗すると事態が悪化することもあり得ます。そんな借金の時効について知らずに実行してしまうと後悔することなどをまとめています。
会社の破産を決断するタイミングと代表者がやるべきこと!
会社が経営難になると破産の決断も必要になってきます。会社を破産させると多くの人に迷惑をかけてしまいますし、その後の生活不安もあります。そこで、今回は会社の破産するかどうかの見切りどきや、代表者がやるべきことを体験を基にまとめています。
借金の裁判で届くのは特別送達郵便!その見分け方と対処法は?
借金が返済できず滞納していると裁判を起こされることがあり、裁判所から特別送達郵便が届きます。詐欺かもと無視すると一括返済請求が確定するので注意が必要です。借金の裁判で届く郵便物や裁判を起こされたときの対処法などについてまとめています。
借金返済の相談はいつ誰にすればいい?無料相談でも解決できる?
借金が返済できなくなったなんて誰かれなく相談できるものではないですよね。最近では弁護士なども無料相談を実施するようになっていますし、もっと身近な所でも相談できます。今回は借金返済を相談するタイミングやどんなことが解決できるかまとめています。
信用情報の回復を遅らせないために債務整理するときの注意点は?
債務整理でキズがついた信用情報の回復には一定期間かかりますが、対応しだいで予定より遅らせてしまうこともあります。将来的に住宅ローンなどの予定があると、できるだけ早く取り戻したいですよね。そんな信用情報の回復について注意点などをまとめています。
連帯保証人と保証人の違い!債務整理するとどんな影響がある?
保証人には、連帯保証人と普通の保証人があり責任の重さに違いがあります。保証人がついている借金を債務整理するとどんな影響があるのか知って事前に対応しておくことも大事です。そこで今回は、借金の連帯保証人と保証人の違いについてまとめています。
旦那が借金を隠してたことが発覚したとき妻が冷静にやるべきこと!
旦那が借金を隠してたことが発覚したら、金銭的に苦労することもだけど、なにより旦那の嘘が許せないし信用できない!もう離婚しかないと怒りに任せて結論をだすと後悔することになるかも。今回は、旦那の借金が発覚したとき冷静にやるべきことをお伝えします。
彼氏に借金があっても結婚して幸せになれる?別れる方がいい?
彼氏に借金があることが分かったら、幸せな結婚生活がおくれるのか心配になりますよね。彼氏の借金理由によっては別れる方が良い場合も!また、絶対やってはいけないこともありますよ。今回は、彼氏の借金が発覚したとき、冷静に考えることなどお伝えします。
親の借金は子供が相続する!親の離婚で絶縁しているときは注意が必要!
親が借金を残して死亡すると子供が相続します。親に借金があることを知っていれば対処方法がありますが、親の離婚などで絶縁しているときは、手遅れになることもあるのです。そこで、親に借金癖があるとき、子供の将来のためにしておくべきことをお伝えします。
fxで失敗すると借金してしまうのはなぜ?返せなくなったらどうする?
fxは借金してまでするものではないと分かって始めたはずなのに、返せないほどの借金をしてしまう人もいるのが現実。なぜfxで借金してしまうのか、返せなくなってしまったときにはどうすれば良いのかなどについて、まとめています。
ギャンブルが原因の借金は返済できなくなっても自己破産できない?
ギャンブルにのめり込み、多額の借金が返済できなくなると、自己破産しか方法がなくなります。しかし、ギャンブル原因の借金は自己破産できないと言われています。今回は、そんなギャンブルによる借金問題と自己破産の関係について取り上げてまとめています。
借金の取り立てを無視するとどうなる?最悪の事態を避けるには!
借金の取り立てを無視し続けると、給料や財産を差し押さえられることもあります。そんな最悪の事態にならないために対処できれば良いですが、払えないからと放置して取り立てが厳しくなってしまった場合の対処方法などを取り上げてまとめています。
夜逃げ後の生活は悲惨!逃げ回る生活より自己破産の方が断然イイ!
借金の返済に行き詰り、思い詰めてしまうと夜逃げした方が楽になれるんじゃないかと魔が差すことがあります。でも、夜逃げ後の生活は悲惨です。夜逃げするとどんな問題が起こるのか知れば、夜逃げしたいなんて思わなくなります。自己破産の方がマシですよ。